就労カリキュラムその3

就労カリキュラムその3

「みんなで投票に行こう!」

10月18日のカリキュラムでは、選挙と投票の仕組みについて学びました。

利用者さんには、まちづくりが選挙から始まっていること、選挙は民主主義を支える大切な制度であることを説明しました。前日から選挙と投票のしくみを伝え、当日はたまフレ!が模擬投票所にかわり、利用者さんと職員みんなで投票をおこないました。たまフレ!での選挙は、利用者さん全員にイメージしやすいように政党と候補者を食べ物に見立てた表をつくり、「自分の好きなものに投票する」という方法にしました。最高裁判官の国民審査は「選びたくないおでんの具に×をつける」いう形式にしてみました。投票用紙の書き方もひとつひとつ伝えます。無効票になってしまう書き方を説明すると「知らなかった」と驚いている利用者さんもいます。実は、支援員もカリキュラムのなかで気づくことが多いのです。利用者さんがどこに困っているのか、支援を必要としている部分は何か、カリキュラム中のやりとりのなかからニーズを抽出していくスキルを日々磨いています。     就労支援員より