INTERVIEW

ふれあいから生まれる
思いやり

栄養士

内村 三幸

患者様の栄養状態を把握するために必要な情報を収集するため、その方を担当している介護支援専門員、訪問診療、訪問看護、訪問介護、利用されていれば訪問入浴やデイサービス、ショートステイ先に問い合わせをしたことがあります。

その際に強く感じたことは、会社や施設を超えて、スタッフはみんな患者様のことを親身になって考えているということです。

それぞれのスタッフが患者様を思いやることはもちろんですが、スタッフ同士もお互いを思いやり情報共有することが、患者様のよりよい生活を実現していくために必要であることだと感じました。

イラスト イラスト

現職に就いた理由・動機は?

前職は療養型病院に勤めておりましたが、できる限り住み慣れた自宅で暮らしたいという思いを支援したく、在宅診療に興味を持ちました。今の国の制度では栄養士が医療や介護保険サービスとして、自宅で生活している方に関わるためには病院や診療所に所属するか契約を交わして活動するという方法が主にあります。たまふれあいグループはクリニック以外に訪問看護ステーションや居宅介護支援事務所、複合型介護施設も展開しており、多職種と密に関わりながら仕事ができるのではないかと考え入職いたしました。

イラスト

具体的な仕事内容は?

訪問診療部に所属し、医師や看護師と情報を共有して食事や栄養面で患者様を支援しています。患者様やご家族様から相談を受けることもありますし、医療スタッフから相談を受けることもあります。スクリーニングを行い栄養状態の低下している方を訪問し、実行できる方法を考えながら栄養状態改善を目指します。グループで運営しているたまふれあいの家も定期的に訪問し、よりよい生活を送れるように栄養の視点で見守っています。また、障がい者の就労支援にも健康管理を身につけてもらえるように栄養に関する講話を行ったり相談も受けたりすることがあります。

イラスト

在宅医療への思いは?

健康な時から病気になったときまで関わることができるのが栄養士だと考えます。しかしまだまだ栄養士が社会に浸透していないと感じています。食事は身近なものであるからこそ普段から気にして気を付けることができます。栄養士がどこにいるか見えないとよく言われていますが、クリニックに所属しながらも患者様のご家族や近所の方にも繋がりを持ち、食事のことや栄養についてちょっと聞いてみようかなと気軽に相談できる環境を作っていけたらいいと思っています。

イラスト

訪問時、判断に困った時は?

訪問の数がそこまで多くないので、判断に困るような場面にまだ遭遇してはおりませんが、病院や施設と大きく違う点は患者様のお宅に伺うということです。患者様の家にはそれぞれルールがあり、できることも経済状況も違うので、状況に応じた対応を行うよう注意しています。仕事上で困ったときは他職種の方への相談や診療部の上司に判断を仰ぐこともあります。また、患者様に聞かれたことに関して曖昧なことは言わず確認して回答する、なるべく客観的に事実をお伝えするように心がけています。

イラスト

MESSAGE

新入社員へのメッセージ

私も在宅医療の分野に関わり始めたばかりですので、日々勉強と思っております。専門分野だけでなく例えば制度や他職種の仕事内容、他の医療機関や行政との関係など幅広い視野が必要だと強く感じております。遠回りをしてもいずれ必ず自分のやりたいことに繋がってくると思います。うまくいかないことも多々あるかと思いますが、是非様々なことに興味を持って、やりたいという思いを原動力に諦めずに突き進んでいただきたいと思います。

スタッフ一同、
ご応募お待ちしております。

ENTRY