18/02/26

こんにちは。 先週に引き続き、調理実習の様子をお伝えします。 当日は、衛生面に配慮をし、みなエプロン、三角巾、マスクを着用し、 手洗いを徹底して、調理を行いました。 調理中は、各班で調理台を使用し、担当の支援員とともに考えた手順を思い出しながら、 楽しく、ケガなく、時間を守って行う事ができました。 とても手際がよく、協調性もあり、利用者のみなさんの普段見られない様子がうかがえ、 新たな発見がたくさんありました。 そして、完成した、昼食がこちら!!     おいしそうにできました! メニューは、「ごはん、お味噌汁、サラダ、おでん」です。 味はとても美味しく、盛り付けもきれいにできました。   そして、まとめの時間のあと、しばしのデザートタイムもあり・・・ こちらも利用者の方々が作ってくださいました。 あたたかいごはんを囲んで、みなほっこりとした時間を過ごせたようです。 この調理実習を通して、自分でごはんを作る、という、先の生活を考えるきっかけになった方や、 改めて、大勢で囲む食事の楽しさを味わった方もいました。 自分の健康を維持するためにも、適した量とバランスのよい食事を心がけてほしいですね。...

こんにちは。 先週は14日のバレンタインデーに合わせて、給食にチョコケーキが初登場してみんなのテンションが上りました. 本日はたまフレの就労カリキュラムで行われた「調理実習」のご紹介いたします。   就労後を自立生活を見据え、1人分のご飯の量を知る事と、実際に作る事が、今回の調理実習の目的になります。 それにあたり、去年の12月頃から利用者さんと一緒にメニューを決め調理分担をし、各メニューの調理方法を考えてきました。 調理実習で、自分が何を食べたいか?という質問に対し利用者さんから、ホットケーキやカレーライスなど多種多様な意見が出ました。 その後、最初のメニュー決めの時に「健康の為にバランスの良い食事を考えよう」とアドバイスを受け、自分達の提案した料理の中から、決められたカロリー以内で、バランスのとれた組み合わせを考えました。   気になる献立は・・・・当日の様子と一緒に来週にお伝えします。...

こんにちは。 先日は『節分』でした。皆様、豆まきをして、縁起をかつがれたでしょうか? 節分とは、「季節の分かれ目」という意味があるらしいです。 季節の分かれ目は年に4日(立春、立夏、立秋、立冬)あり、特に厳しい冬を乗り越えた後の立春、その前日が節分と言われるようになったそうです。 ちなみに、たまフレ!の2月2日のお弁当には、福豆が入っていました。節分が土曜日だったため、その前日のお弁当が節分仕様になっていたようです。 みな、わいわいと豆を食べていました。 季節の分かれ目は、天気も安定せず、気持もなんだかそわそわしてしまう時ですね。 そんなときは、一度立ち止まって、今の自分に必要な何か、を探してみてはどうでしょうか?...