17/09/26

たまフレ!のムネリンです。 今日は事業所の外の環境をお伝えします。 たまフレ!は小田急線の登戸と向ヶ丘遊園の沿線に位置し、窓からは小田急線の電車が走るのが見えます。 常に電車が通過する音を聞きながら作業をしているため、 電車好きにはたまりません! 運がよければロマンスカーが見えるかも!!      ...

たまフレ!のムネリンです。 先週の金曜日に企業見学に行ってきました。場所は特例子会社の富士通ハーモニーです。 武蔵中原駅からすぐの場所にあるのですが、その大きさにまずビックリ。富士通ハーモニー含めた富士通の広さは東京ドームの2,5個分!当日はその広さに圧倒されながら見学をしました。 見させていただいたのは封筒作り、スキャン、シュレッダー等の仕事です。生の仕事の現場を見学することで利用者さんはモチベーションが高まり、質問もたくさん出て、改めて働く意欲の向上につながりました。  ...

たまフレ!のムネリンです。 今回は就労カリキュラム主に以下の目的があります。 ①自立した社会生活を営む上で必要な社会資源を学び活用方法を学ぶ ②企業見学や面接練習等により就労意欲を向上させる ③他者を認め合う時間を持つことで他者受容、ひいては自分自身のことを受容する心を育む。 今回9月6日水曜日は、9月13日水曜日に実施する企業見学にあたっての基本的なマナーを学びました。 口頭だけではない写真のような視覚的な配慮をしながらの説明に、利用者さんは食い入るように聞き入っていました。 来週は企業見学の様子をお伝えできればと思います。   ...

たまフレのムネリンです。 このところだいぶ朝晩は涼しくなってきましたね。 たまフレでは、9月4日(月)から新しい作業が始まりました。 ずばり組み立て作業です! この部品が車のエンジンの一部になります。 自分が組み立てた部品を搭載した車が公道を走っているって考えただけでわくわくしますね。 ...

医療法人メディカルクラスタの理事長の鈴木と申します。このたびは、就労移行支援事業所「たまフレ!」のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。   「医療法人がなぜ就労移行支援事業所をやっているんですか」というご質問をよく受けます。 わたくしは在宅医療を専門とする医師ですが、数年前の話です。 40代の障がいをお持ちで引きこもり状態の息子さんと2人で同居されていたお父様が病気になり、当院で訪問診療を行っていました。お父様は息子さんのことが心配で、入院することも施設に入ることもできずにおられました。お父様がいつも心配されていたのはご自分の病気ではなく、息子さんの行く末でした。 医学や医療技術の力だけでは、地域に住むすべての人々を必ずしも幸せにすることはできないということを痛感させられました。 こうした経験から、私たちが住む多摩地域で障がいをお持ちのご本人のみならず、そのご両親やご家族様が安心して過ごせる福祉サービスの充実を目指したいと考えています。 地域の人々の、 よりよい生活と人生のために ~こころとからだに、ぬくもりとやさしさを~ たまふれあいグループはこの理念のもと、地域に生きる人々に最適な医療・介護・福祉・保健サービスを提供し続け、それよって人々の今と将来に寄与することを目指してまいります。   医療法人メディカルクラスタ 理事長 鈴木 忠...